FC2ブログ

No.053 見えていますので抵抗は無意味です

sma03.png



三軒茶屋カード占いのステラマリス・アドリアーナです。
私は、東京・三軒茶屋の自身の店舗にて主にフランスのカード(タロット、プチルノルマン、ノストラダムスなど)の使い手・読み師として占いを行っています。

色々な種類のタロットデッキやオラクルカードでお悩みのフォーカスを外し、運命の軌道を変えていくステラマリス・アドリアーナのブログです。

今月、2018年7月より西洋占星術とタロットを組み合わせた対面セッションも開始しております。

【2018年10月の営業日】
月・金曜は定休日となります

その他、天候状況や出張鑑定などで急遽臨時休業の場合もございますので必ずご予約をお願いいたします

*****

占いアドリアーナです。

私は霊視・透視はできません。それは私のカード占い方針に明記しております。


でも、「求めている人」が一体何を求めているか、ということに関しては十手先まで読むことができます。
これは子供の頃からです。
実感したのは小学4年生の頃でした。
そこから、学生時代・社会人になっても続き、社会人としての成績はいつもトップでした。

だって、人が何を求めているか全部見えるので(特に相手の弱点)、その弱点をカバーすること、さらに改善し向上させることができれば、自然と売り上げ成績は上がります。



そしてここ数年、特に読み込んでしまうのが、どなたかの


「さみしい」と「自分を認めて欲しい」のコラボ感情


です。


自分自分じぶんじぶんと表現している人は、他人から認められている実感が得られないので過剰に自分をアピールします。

俺はこうだ
私はこんな人
友人に囲まれて幸せ
誰々と一緒にいます
楽しい!
感謝!


こういったフレーズばかりで、内容がきちんとある「コンテンツ」になりえていない表現をしている人は、


主観を短絡的に表現することにより、自己満足をそこで得ようとします。転化行動というか、代替行動というか、自分を「他人」に化けさせて一人二役をやってしまうのです。いかに、身近に、自分を理解して認めてくれる人がいないかを物語っています。


これが、「さみしい」と「認めて欲しい」のコラボ感情

年月が過ぎるにつれ、これは深い闇へと進行していきます。
なぜなら、一人二役をやり続けるので、他人を寄せ付けないのです。誰も興味を持ちません。
自分スパイラルにはまっていくのです。


前回の記事で書いた、「共感」と通ずるお話ですよ。



アドリアーナの占いでは、この辺りの感情から脱出して、仕事や恋愛を成就させたいという方がたくさんいらっしゃいます。

私は霊視・透視はできませんが、

求めている人が何を求めているかが十手先まで読めます。



お見通しなので、私に強がって無理しても仕方ないですよ。
どうぞリラックスして、気持ちを解放してやってください。

それだけが私の願いです。


明日も三軒茶屋でお待ちしております。


三軒茶屋カード占い・星占い
ステラマリス・アドリアーナ

***

▼ご予約案内(ご料金・予約方法・店舗)は下記オフィシャルホームページより
https://stellamarisadriana.tokyo

◎当店の公式LINE@◎
当店のLINEアカウントに下記QRコードからアクセスしてお友達登録ください。
LINEでお気軽に当店へのお問い合わせやご予約がいただけます。割引クーポンも入手いただけます。
どなたがお友達(フォロワー)になってくれたかは、こちらからはわからない(そういうシステムのようです)ので、どうぞお気軽にご登録くださいませ。

linqr.png
関連記事